しじみ習慣 2日酔いによいといわれる効果的な成分とは?

 

しじみ習慣には、2日酔いによいといわれる効果的な成分が含まれています。
しじみは、肝臓に昔から良いと言われてきました。

 

なぜ、しじみに、2日酔い改善の効果あるのかというと、
肝臓によい成分が含まれているからです。

 

必須アミノ酸のオルチニン、アラニン、グルタミンなどで、
中でもオルチニンは非常に大きいです。

 

アルコールの分解に使われる成分で、オルチニンは、必須アミノ酸のひとつになります。
必須アミノ酸は、元々人の体の中にある成分で、

 

オルチニンは、肝臓でアンモニアの代謝を助ける働きがあります。
肝臓の解毒作用を助ける成分なのです。

 

アルコール摂取するとオルニチンが活発に働かなくてはならなくなるので、
どんどんお酒を飲むと、足りなくなってきます。
オルチニンが足りなくなると、アルコールが分解しきれなくなり、
体内にアルコールが残ってしまいます。その結果、2日酔いになってしまうのです。

 

オルチニンを手軽に摂取できる食材がしじみで、
しじみ習慣を1日2粒飲めば、2日酔いによいといわれる効果的な成分を摂取することができます。
おかわりする感覚で多めに飲んでも問題ないので、
飲む前に2粒、飲んだ後に2粒飲むとよいでしょう。